ナッツちゃんねる

Just another WordPress site

*

初心者でもわかる!無線LANルータ(Wi-Fiルータ)の最適な選び方

   


パソコンはもちろんですが、スマホやゲーム機器、プリンタなど
自宅にWi-Fi環境がないとデジタル機器を使えない時代になっています。

    インターネットへの接続は可能だけれど、未だに有線LANを使用している

とか

    数年前に購入したWi-Fi親機を使用している

といった方も多いのではないでしょうか?


我が家は後者。


楽天SHOWTIMEなどの動画配信サービスを利用していると、
動画がカクカクすることもあったりして、

    「通信速度が遅いのでは!?」

と思うことが頻出。


パソコンを使ってネットサーフィンをしていても、ページが表示されるのが遅かったり。


そろそろ、新しいWi-Fi親機が欲しいと思い、色々調べてみました。


元々、ネットワーク関連の知識が皆無だったので、理解するのには苦労しました。


今回の調査で様々なことがわかってきたので、それらをまとめておきます。


「どのWi-Fi機器を買ったらいいかわからない」
と考えている方の役に立てば嬉しいです。

この機器がオススメ!

いきなりですが、結論。


使用用途、通信速度、金額の面から調べて考え抜いた末に
以下の商品を購入することにしました。

なぜコレに決めたかというと

  • 最新のWi-Fi通信規格「11ac」に対応している
  • 対応周波数帯が5GHzと2.4GHzの両方に対応している
  • 機能が充実しているのに価格が6000円以内
  • デザインもスッキリ

という理由から。


金額は安いに越したことはないのですが、
通信規格周波数帯って何か気になりますよね。


私も最初はまったく訳がわかりませんでした。


知りたいという方は続きを読んでみてください。


W-Fi機器の選択ポイント

家電量販店のパソコン周辺機器コーナーに無線LANルーターは置かれています。


ここに行くと、選ぶ気をなくしてしまうくらい多くのパッケージが陳列されていますよね。


価格帯もじつに様々。

2000円台のものもあれば、1万円以上の製品もあったり、もう訳がわかりません。


安い物を買ったら機能的に満足できないことは目に見えています。

だからといって、高ければいいかというと、そういう訳ではないはず。


そんなこんなで、どれにしていいかわからなくなって、退散してしまう。
(これ、私です)


私自身、悩んだ経験から、以下の3点に絞ってみると良いと考えています。

  • 最大通信速度
  • 周波数帯
  • 電波強度

これらについて詳しく解説していきます。

最大通信速度

インターネットをする上で、一番重要なポイント。


通信速度が速ければ速いほど、サクサク進みますしストレスありません。

もちろん、それに伴って製品価格も上がっていきます。


通信速度は以下の3種類と考えておけば、ほぼ問題ないでしょう。

  • 300Mbps
      とりあえずインターネットに接続できれば安心という方向け。
      そのうち物足りなくなってくると思われます。
  • 866Mbps
      高速にネットができて、ストレスはほぼない。
      万能の通信速度。
  • 1300Mbps
      大容量のデータ転送でも余裕。
      今後、10年くらいは使えるのでは?

ただし、どんなにWi-Fiルータ側の通信速度が速くても、
自宅のインターネット回線が低速だったり、
接続する機器のスペックが低いと意味がないので、その点はご注意を。


また、最大通信速度は理論値です。

実際に使用していると、理論値の半分以下になってしまうケースが多いことは
覚悟しておきましょう。

電波強度

電波強度」とは、無線LANルータについているアンテナの性能のこと。


アンテナ自体は外に出ている製品もあれば、内蔵されているものもあります。


無線LANルータから発せられている電波は、
障害物や他の機器が出している電波の影響を受けるもの。


それによって、遠くまで届かなかったり、通信速度が極端に落ち込んでしまう場合があります。


電波強度は「ノーマル」と「ハイパワー」に分けられるのですが、
ハイパワーの方が電波出力が強く、周辺環境の影響を受けにくいという特徴があります。


とはいっても、製品仕様には
ノーマルなのか、ハイパワーなのかが明記されていないことが多いです。


製品紹介ページなどに「ハイパワー」なる文字があれば、電波が強いんだなと思っておきましょう。


何も書いていなければ、おそらく「ノーマル」です。

周波数帯

これも非常に重要な項目です。


Wi-Fiルータの電波は

  • 2.4GHz
  • 5GHz

の2種類の帯域となっています。


それぞれのメリット/デメリットを見てみましょう。

周波数帯 メリット デメリット
2.4GHz
  • 互換性が高い
  • 電波が遠くまで届きやすい
  • 電子レンジ、Bluetoothなどとの干渉により、速度低下が発生しやすい
  • 5GHz
  • 干渉を受けづらく、接続が安定する
  • 遮蔽物に弱い
  • 状況に応じて、どちらの周波数帯に接続するかは設定する必要があります。


    電子レンジなどを使用する部屋で、障害物がなければ5GHz。

    Wi-Fiルータから離れた部屋で使用するならば2.4GHzといった具合でしょうか。


    ちなみに、Wi-Fiルータにしても、接続機器(PC、スマホ、ゲーム機など)にしても
    どの周波数帯に対応しているかは、製品仕様書などの「無線LAN」という項目を見てみましょう。


    そこに「IEEE802.11」という記載があります。

    その後ろのアルファベットに注目。

      「a」が入っていれば、5GHz、2.4GHz両方に対応した機器。
       (例:IEEE 802.11a/b/g/n/ac)


      「a」が入っていなければ、2.4GHzのみに対応した機器となります。
       (例:IEEE 802.11b/g/n)

    実際の価格帯の特徴

    2000~4000円台

    一人暮らしでの使用に最適な製品が多く、「11b/g/n」対応がほとんど。

    つまり、2.4GHzの周波数帯ということですね。


    通信速度は最大300Mbpsで、電波強度も弱いものが多いです。

    5000~9000円台

    一般的な1戸建てやマンションなど、家族で使うならこの価格帯を想定しましょう。


    松竹梅で言うと、安定の「竹」。

    上中下で言うと、無難の「中」。


    製品によっては、

    • 通信速度は866Mbps
    • 周波数帯は2.4GHz、5GHzの両方に対応

    といったものもあり、普通に使用する分には何の問題もありません。


    ライナップも多く、一番悩むのがこの価格帯。

    1万円以上

    最新通信規格「11ac」に対応しているものが大半。


    スピード重視、安定性重視の両方のニーズを叶える製品がほとんど。


    無線LAN対応のレコーダーやテレビを使用する場合、Wi-Fiルータの機能も重視した方が良いです。


    通信規格的には5年以上、個人的には10年は使えると思っています。
    (推測の域です)


    桁が1つ増えると購入の壁が高いのですが、
    長期的に考えると一番コストパフォーマンスが良いと信じています。


    我が家のWi-Fi環境

    最後に、我が家のWi-Fi環境を書いておきます。


    少しでも参考になれば。

    <before>Home Wi-Fi エントリーモデル

    我が家では、NTT docomoから無料で貸し出されていた

      Home Wi-Fi エントリーモデル

    を4年くらい使用していました。


    docomoオリジナルデザインですが、それは外見だけ。


    中身は「AtermWR8165N」というモデル。

    仕様は以下の通り。

    項目
    通信規格 IEEE802.11b/g/n
    最大通信速度 300Mbps
    実測値 約95Mbps
    対応周波数帯 2.4GHz

    ネットサーフィンをしている際に、インターネット速度が遅いなぁと感じていました。


    楽天SHOWTIMEで購入した映画を見ている時も、時々止まったり。


    そして、周波数帯の仕様通り、電子レンジを使用すると接続が途切れてしまう。


    これが一番のストレス。

    <after>WRC-1750GHBK

    買い換えたのが、ELECOMの「WRC-1750GHBK」。

    こちらの仕様は以下の通り

    項目
    通信規格 IEEE802.11ac/n/a/g/b
    最大通信速度 1300Mbps
    実測値 約640Mbps
    対応周波数帯 2.4GHz、5GHz/td>

    ※購入して設置してみた結果を記載

    おわりに

    長々と書いてしまいましたが、これが無線ルータに関する私の全ての知識(笑)


    Wi-Fiルータに関して、全然無知識だったのですが、今回の調査でかなり勉強になりました。


    私は通信速度や周波数帯など、
    「インターネットに接続する」部分を重視しての製品選びでした。


    ですが、Wi-Fiルータの機能には

    • ペアレンタルコントロール
      (接続機器のネット利用を制限する機能)

    • ビームフォーミング
      (電波を効率的に接続機器へ送る機能)

    などもありますが、それらは不要と判断しました。


    必要があれば、これらについても検討の対象となることでしょう。


    でも、機能が増えれば増えるほど、高額になっていくので注意してください。


    2万円出すつもりでいれば、「全部のせ」が購入可能です。


    家電量販店で「一番イイヤツください」と胸を張って言ってみましょう。


    [`yahoo` not found]
    [`evernote` not found]
    LINEで送る

     - 未分類 , ,