ナッツちゃんねる

Just another WordPress site

*

乳幼児が便秘になってしまったら?対処法3ステップ

   


冬場になると増えるのが、子供の便秘


うちの子供たちも冬場に初めての便秘を経験しました。


お腹がどんどんポッコリしていく姿。


本人たちはそれほど苦しそうではないのですが、見ているコッチが苦しくなる感じ。


そんな状態でも食欲は落ちないので、焦ります。


本人たちが苦しんできたら、親としては居ても立ってもいられませんよね。


便秘は、通常時の子供たちの排便周期によるので、

    いつもより出ていないな

と感じたら、早めにこの記事のステップ1から試していってください。

ステップ1:とにかく水分補給&運動

便秘は色々な原因が考えられますが、
風邪をひいていて薬を飲んでいるわけではないのであれば、水分不足が考えられます。


夏場に比べると汗をかかないため、
子供たちも自分から進んで水を飲もうとしません。


親たちも、汗をかいていないとついつい
水分補給させるのを忘れてしまいがちです。


また、冬場は寒いので、風邪をひかないようにと外で遊ばせないのも
便秘を引き起こす要因となります。

つまり、運動不足ですね。


なので、公園などで遊ばせて、水分補給をさせる。

基本的過ぎることですが、これが最初にやるべきことです。


すぐに効果が現れづらい対処方法ですが、やってみる価値はあります。


できれば、日頃から心がけておきたいことです。


ステップ2:イチジク浣腸

水分補給と運動でもダメであれば、次のステップへ。


「便秘 解消法」などで検索してみると、

    綿棒をお尻に入れて刺激する

なんてものが出てきますが、個人的にオススメしません。


素人がやって、万が一傷をつけてしまって感染症にかかってしまったりしたら
便秘どころの騒ぎではありませんから。


ということで、便秘といえば、浣腸

イチジク浣腸さんの出番です。


乳幼児用のイチジク浣腸が販売されているので、それを使用しましょう。

成分を見ると、大人用との違いは液量だけみたいですが、念のため。


浣腸の注入の仕方はコチラのページをご覧ください。

 乳幼児への浣腸注入のコツTBD

予想できる通り、子供は嫌がります。


そして、注入した液が効果を発揮するまで、
少しの間、腸内に留めておかなくてはいけません。


その辺のコツもあるので、上記のページを参考にしてください。

ステップ3:病院(内科)へGo!

イチジク浣腸の力を借りても出ないのであれば、もう素人にはお手上げです。


なるべく早めに病院へ行きましょう。


受診するのは内科・小児科で問題ありません。


病院へ行くと、普通の便秘であれば浣腸液を注入されることでしょう。


私が子供たちを連れて行った病院の先生が

    「市販の浣腸だと、液量が少ないから出づらい」

と言っていました。


確かに、病院で使用している浣腸液は、子供向けの倍くらいの量がありました。


だからといって、
大人用のイチジク浣腸を使っていいかというと、素人判断は危険な気がします。


かかりつけ医の方に確認をしてから実行するようにしましょう。


これでも出なければ、下剤を飲むなどの対処になると思われますが、
何らかの処方をしてくれるはずです。


私の子供たちも、病院での浣腸でスッキリと出すことができました。


おわりに

数日ぶりに排便ができると本当に安心します。


とにかく、日頃からのケアとして「水分補給と運動」は欠かさないようにしましょう。

    「浣腸をしないと便が出ない」

というのは明らかに良くない状態です。


日常生活でケアできるようにしておくのが理想的。


毎回病院に行くというのも大変ですし、子供の負担も大きいですしね。


冬場は特に気をつけましょう。


乳幼児の便秘予防はコチラのページをご覧ください。

 乳幼児の便秘予防TBD


[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 未分類 , , , ,