ナッツちゃんねる

Just another WordPress site

*

幼稚園は何歳からが良い?2年保育と3年保育の違いとオススメは?

   


毎年、9~10月になると幼稚園の募集が開始されます。


3年保育の場合、3歳になった後の4月から通園が始まります。

2年保育の場合、4歳になった後の4月から通園が始まります。


なので未就園の2歳児もしくは3歳児をお持ちの親御さんは、募集要項が配られる前に
通園するかしないかを決めておかなくてはなりません。


そこで、この記事では

  • 2年保育と3年保育のメリット/デメリット
  • 何歳から通園するのがオススメか

を個人的意見も交えながらまとめていきたいと思います。

2年保育と3年保育の違い

2年保育と3年保育の違いについて、まず見ていきましょう。


その名の通り、2年間通園するか、3年間通園するかの違いがあります。

前述しましたが、

  • 3年保育:3歳になった後の4月から通園
  • 2年保育:4歳になった後の4月から通園

となります。


最近は「4年保育」なんて幼稚園もあるのですが、かなり少数派なので
この記事では除外します。


ちなみに、幼稚園は義務教育ではなく
小学校に入る前に集団生活を学ぶ場所という位置付けが強いです。


義務教育ではないので、必ずしも幼稚園に行く必要はありません。

夫婦共働きであれば、保育園や保育所に預けることになりますし、

  • 経済的に厳しい
  • 教育方針に確たる信念がある

などの場合には、どこにも預けないという選択肢もあります。


よっぽどのことがない限り、幼稚園にも保育園にも通わせないというのは
避けた方が良いと私は思いますが。

「小学校が最初の集団生活」というのは、
周囲にとっても本人にとってもあまりよろしくないと思うので。


通う年数の違いがわかったところで、
それぞれのメリットデメリットを見ていきましょう。


3年保育のメリット/デメリット

メリット

①小さいうちから幼稚園生活に慣れることができる

幼稚園に通うのが、初めて親元を長時間離れるタイミングというお子様は多いです。

そんな状態で幼稚園に行き始めると、
毎朝泣いてしまったり、幼稚園に行くのを嫌がる子供を4月、5月はよく見かけます。

でも、子供が小さいうちであれば、
比較的スンナリと幼稚園生活に馴染めることでしょう。


2年保育だと4歳から入園することになりますが、色々なことが理解できている分だけ、
嫌なことも明確にわかります。

最初に幼稚園生活でつまずいてしまうと、それを軌道修正するのは難しいそうな。


なので、より早い段階で幼稚園に行ける3年保育の方が楽だったりするわけです。


②子供、親ともにお友達がたくさんできる

幼稚園に行くようになると、嫌でも色々な人と関わるようになります。

入園直後はどことなく、よそよそしかった親同士でも、1年が経過する頃には
クラスのお友達、園庭でいつも遊ぶお友達など、たくさんの知り合いができているもの。


2年保育の場合、既にできあがったコミュニティに入っていくことになるので、
やりづらさ疎外感を感じたり、必要な情報が入ってこないといったことがあるようです。


③幼稚園の思い出がたくさんできる

幼稚園では1年を通して様々なイベントがあります。

遠足、夏祭り、お遊戯会、クリスマス会など
みんなと一緒だから楽しめることがたくさん。

こういったイベントを年少の段階から経験しておくことで、思い出になるだけではなく、
場数を踏むことにもなるのです。

2年保育だと、周りは年少の時に経験していたのに、自分の子供は未経験でうまくできない
そんなことになるかもしれません。


④親元ではできない様々な体験ができる

幼稚園という集団生活だからこそできる体験があります。

前述のお遊戯会などもそうですが、
それ以外にも、畑体験や自然体験、交通安全教室、お泊まり会なんてイベントが該当します。

個人では実現しづらいものでも、幼稚園が体験の場を用意してくれます


デメリット

①1年長く通園するため、お金がかかる

それはそうですよね。

無料で幼稚園に入園はできませんし。

公立幼稚園ならば月1万円以内ですが、
私立幼稚園に通う我が家の場合、月に2万5000円がかかっています。

年間では約30万円

これ以外にも教材費や冷暖房費など、たくさんの出費がかかります


②園内での様々なイザコザが発生しやすい

2年保育だろうと3年保育だろうと関係ないかもしれません。

でも、子供が小さいうちは言ってもわからない&伝わらないことが多いため、
園児同士のイザコザが耐えません。

  「○○ちゃんが叩いた」

  「△△くんがおもちゃを貸してくれない」

  「▽▽くんが髪の毛を引っ張った」

こういった子供同士のトラブルが、親同士の関係悪化へとつながったりするものです。


③1日中一緒にいられる毎日が1年短くなる

毎日育児をしていると、早く幼稚園に預けて少しでも自由な時間を手に入れたい!

そう願うお母さんは多いことでしょう。

でも、考えてみてください。

毎日、朝から晩まで子供と一緒にいられる日々というのは、
幼稚園に入園してしまえば、通常は手に入れられない贅沢な時間なのです。

もちろん、子供の面倒をみるのは疲れるし、イライラするかもしれません。

でも、自分の目の見える場所で、我が子の成長する様子を見ていられる時間は
二度と戻ってこないのです。


2年保育のメリット/デメリット

3年保育のメリットが2年保育のデメリット、
3年保育のデメリットが2年保育のメリットになるわけですが、
ここでは特に強調しておきたい部分を挙げておきます。

メリット

①1年分貯金することができる

2年保育の一番のメリットとも言えるのがお金。

2年保育にすることで数十万円の支出を減らせるのです。

この額が多いか少ないかは、
その他のメリット/デメリットをどう捉えるかによります。

子供の教育にお金事情を持ち込むのはどうかとも思いますが、結局お金は大事。


②自由に時間を使える

幼稚園に通園し始めると、お休みする場合には連絡を入れなくてはなりません。

お買い物、旅行、帰省など、
どこかに出かける場合には平日の方が空いていて、色々とスムーズに進みます。

ディズニーリゾート、キッザニア、遊園地などなど、休日は大混雑でも
平日はガラガラということはよくあること。

幼稚園に行っていなければ、平日にお出かけ
なんてことも何も気にせずにできるのですが、幼稚園に行き始めたらそうはいきません。

幼稚園側は何とも思っていなくても、
ママ友がいい顔をしないことがあります。

そういった意味で、2年保育のメリットは、3~4歳の時に時間を自由に使って、
色々なところに行ったり、様々な体験ができることにあると思います。

デメリット

①成長が1年遅れる

もちろん、幼稚園に通わなくたって、子供の成長は止まりません。

でも、幼稚園では色々な体験をできます。

その1年の差って結構大きいんです。

人前に立つ経験がなかったために、お遊戯会などで固まってしまう子供。

周りにうまく馴染めない。

2年保育が問題のすべてではありませんが、経験の差ができるのは事実です。

②幼稚園の仕組みに慣れるのが大変

幼稚園には様々なルールがあります。

明文化されているものもあれば、暗黙のルールのようなものもたくさん。

何も知らずに行動していることが、実はルール違反だったなんてことがよくあります。

年少の時点ならば、間違えながら教えてもらえるでしょう。

でも、周りに年少から通園している子供が多いと、「当たり前」感が強いことも。

慣れてしまえば何てことはないのですが、
最初はちょっとしたストレスになるかもしれません。


おわりに

全体的に3年保育寄りの意見になってしまったかもしれません。


入園するかどうかを決める際には、2年保育でいいんじゃないかと思っていたのです。

自分自身が幼稚園は2年保育だったので。

というか、昔(30年前くらい?)は2年保育が当たり前だったような気がします。


上の娘が幼稚園に入園して1年。

年少保育が終了するにあたって、結果的に3年保育で良かったなと感じています。


娘は1年間で本当にたくさんのことを学んでくれました。

きっと、親元では体験できなかったことばかり。


もちろん、経済的には相当負担が大きいです。

でも、子供のことだけを考えた場合、毎日楽しく幼稚園に通っていましたし、
歌もダンスもできるようになり、たくさんのお友達ができました。


これを読んでくださった方の家庭や環境の事情により、状況は変わることでしょう。

2年保育、3年保育を決める際の一助になれば嬉しいです。


[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 幼稚園 , , , ,