ナッツちゃんねる

Just another WordPress site

*

大阪城ウォーターパークbyハウステンボスの攻略法 お台場にも使える!

      2017/09/21


夏の定番、人気アトラクションプールになりつつある「大阪城ウォーターパーク」。

初開催となった2016年は色々と問題がありましたが翌年の2017年には大幅に改善されました。


今後、年を追うごとに人気が上がっていくのは間違いありません。


「大阪城ウォーターパーク」を120%楽しみ尽くすための攻略ポイントをまとめています。

ちなみに、東京の「お台場ウォーターパーク」でも使える攻略法なので参考にしてみてくださいね。

 ポイント1:朝イチで行く

アミューズメント施設全般に当てはまることですが、とにかく朝早く行きましょう。

遅くともオープンの15分前には入場口で並んでおくこと。

ウォーターパーク

家族連れやカップルなど、お昼近い時間になればなるほど人は増えていき、ウォータースライダーの待ち時間が長くなったりします。


ちなみにウォーターパークは時間制ではありません。

何時間いても同じ金額なのですから、早い時間から遊び始めた方がお得です。


 ポイント2:水着は着ておく

ウォーターパークの更衣室はプレハブです。

とにかく狭い。

そして暑い。

さらに人が多い。


着替えに時間がかかっているのはもったいないです。


衣類を脱いだら水着になれる状態を準備しておきましょう。


 ポイント3:荷物を仕分けておく

市民プールやスポーツジムのプールとは違い、ロッカー代金は一度入金すると戻ってきません


また、飲み物や食べ物の持ち込みは禁止となっています。

なので、水分摂取や食事のためにもお金を持ち出すのは必須。


ウォーターパークへ持っていくべきものはコチラの記事を参考にしてください。

どのように仕分けしておくべきかも書いています。

 ポイント4:日陰を確保

着替えを終えてプールエリアに入ったらまずすべきことは、日陰の確保です。

有料のVIPエリアを除くと、パラソルや屋根のある場所は売店前を除いてありません。

真夏の直射日光がふんだんに降り注ぎます。


そんなウォーターパーク内で身を守るためにも、日陰は必須。

日陰になる場所は時間帯によって変わりますが、ウォータースライダーの陰しかないと考えて良いでしょう。

そういった場所は早い者勝ち。


休憩するときには日陰がないとツライです。

ビニールシートなどで最初に場所を確保しておきましょう。


 ポイント5:日焼け止めを絶対に塗る

アトラクションプールは日陰を作るように設計しているのですが、とにかく日陰が少ないウォーターパーク。

イメージとしては、海水浴を想定しておくのが良いです。

ウォーターパーク

日差しと水面の照り返し。

上と下、両方から強い日光を浴びることで尋常じゃないほど日焼けします。


なので、絶対に日焼け止めを塗っておいてくださいね。


甘く見ていた私は日焼け止めを塗らなかったため、ヤケドに近い状態になり、2週間ほど苦しみました。

 ポイント6:スライダーは午前中に遊び尽くす

大阪城ウォーターパークには、流れるプールや波のプールといったアトラクションプールに付き物のものがありません。

言ってしまえば、プールは単なる水溜め。


それでもウォーターパークが人気となる要因はウォータースライダー

大阪城ウォーターパーク プール

ただ滑るのではなく、

  • ブーメランスライダー
  • ロングスライダー
  • ジャンピングスライダー

といった、なかなか体験できない面白いものがあります。

詳細はコチラにまとめていますのご参考までに。

ものによって年齢制限はありますが、入場者のほぼ全員が利用するため混雑必至


入場者が増えた午後になると待ち時間が40分という状態になることも。

長時間、日陰のない炎天下で並び続けるのは地獄です。


一方で午前中ならば、10分もかからずに利用できます。

とにかくウォーターパークに入場したら、飽きるほどにスライダーを堪能し尽くしましょう。


 ポイント7:再入場はできない

ウォーターパークは再入場ができません。

入場したら最後、クルマに忘れ物をしてしまっても取りに戻れません。


また、ウォーターパークのチケットは基本的にコンビニやWebでの前売り購入となるため、混雑日には改めてチケットを購入するのも難しいことがあります。


忘れ物だけではなく、遊んでいる途中の食事はパーク内で済ませなければいけません。

外に出て、大阪城公園の「太陽の広場」近くで済ませて戻ることはできないのです。


再入場不可による制約を考慮して、事前の準備をしっかりしておきましょう。

おわりに

アミューズメントプールにあまり行ったことがない方にとっては、

    「え、そんなこと考えないといけないの!?」

ということが多いかもしれません。


いざ行ってみて準備不足。

そのせいで楽しめなかった、なんてことがないように情報収集はしっかりとしておきましょう。

特に子連れの方は、準備を怠ると大変なことになりますので。


[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - お出かけ情報, 大阪城ウォーターパーク(お台場) ,