ナッツちゃんねる

Just another WordPress site

*

エアコン洗浄スプレーを使ってはダメ!自分で掃除をしてはいけない理由とは?

      2018/08/16

あなたのお家のエアコンからカビ臭いニオイはしていませんか?

普通に生活をしているだけで、2~3年経過するとカビホコリがエアコン内部に溜まってきます。


そのままにしておくと心配なのが健康への影響です。
カビ菌やハウスダストによって不衛生な空気が充満してしまい、様々な体調不良を引き起こすかもしれません。


健康被害を未然に防ぐため、そして快適な住環境を維持するためにもエアコンを掃除することをオススメします。

といっても、自分で掃除をするのはやめておきましょう。

その理由をお話していきたいと思います。

自分でエアコン掃除する場合と業者に頼む場合の差額は?

業者に頼む場合、エアコンの種類や施工する業者によって料金は異なります。

自動掃除機能ありならば1万5000円以上、
そうでなければ1万円以上はかかります。

有名なところでいくと、やっぱりダスキンですね。




私はコープのエアコンクリーニングを申し込んだのですが、

    自動掃除機能ありで20520円

かかりました。

ダスキンだと同じ内容で25920円するので、少し安いのかもしれません。


一方、自分で掃除する場合。

最近はエアコンのお掃除用スプレーなるものが売られています。




金額は1000円程度。

これだけ見ると、自分で掃除した方が明らかにお得ですよね。


でも、落とし穴があることを忘れてはいけません。


洗浄スプレーだけで掃除はできない

ホームセンターやドラッグストアで、最近は大々的にエアコン洗浄スプレーが販売されているのを目にします。

あたかも、お風呂を掃除するくらい手軽な雰囲気で。


私はあれは一種の詐欺だと思っています。


そもそも、自分で掃除する場合に安全に、そして確実にやるとしたらスプレーを準備するだけでは足りません。

以下が必要になります。

  • エアコン内の制御基板の位置を把握する
  • エアコン周辺の養生
  • エアコン内で濡れてはいけない場所をガードする
  • 洗浄液の洗い流し

エアコンクリーニング
これらをしっかりと準備してエアコンを掃除しないとどうなってしまうのでしょうか。


エアコン掃除を自分でやってはいけない理由

前述の準備・対応が必要な理由は別の記事で詳しく書いていますが、しっかりと準備してやらなければ

  • エアコンの故障
  • ショートすることによる火災
  • エアコン内に残った薬剤を送風してしまう

といったエアコン汚れ以外の問題を引き起こしかねません。

準備にかかる労力と物品の購入費用、洗浄時の労力、洗浄後のリスクを考慮すると、業者のエアコンクリーニングの方がコストパフォーマンスが良いと言わざるを得ません。

ここまでに書いたすべてのことが、自分でエアコン洗浄してはいけない理由になります。


自分でケアする方法

業者に頼んだ方がいいからといって、2~3年周期で数万円の出費があるのはツライですよね。

エアコン掃除をする周期を少しでも長くすることができれば、出費を抑えながら快適に過ごすことができます。


そのためには

  • エアコンに備わっている内部クリーン(カビ防止)機能を使う
  • 内部クリーンがない場合、送風で乾燥させる

といったことをして、エアコン内にカビが生えるのを防止していきましょう。


素人ができるのはこれくらい。

ですが、これをするのとしないのでは全然違います。


電気代は少しかかってしまいますが、エアコンクリーニングを1年でも遅らせることができれば年間数千円を節約できるので効果は抜群のはずです。


おわりに

エアコン洗浄スプレーに安易に飛びついて痛い目を見ないようにしてくださいね。

「それでも自分で洗浄するんだ」という固い意志をお持ちの方は、以下の記事を参考にしてみてください。

そして、リスクを犯したくないという方は、エアコンクリーニング業者にお願いしましょう。

その際に参考になるかもしれない情報をまとめています。

快適なエアコンライフを送るために、少しでも参考になれば嬉しいです。


[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - エアコン, 家電情報 , ,